農薬散布代行サービス

農薬散布ならドローンでの代行が楽々『農薬散布代行サービス』

こんなお悩み
ありませんか?
  • 年に数回の農薬散布に時間もコストもかかる
  • 農業従事者の高齢化・後継者不足で人手が足りない
  • 広大な土地や棚田、飛び地などを人の手で散布するのは大変
  • ドローン散布したいけど機体購入・維持費にお金がかかる
  • 操縦の練習やメンテナンスに時間を取られてしまう
  • 飛行のための書類作成や申請が面倒

ドローン農薬散布でコスト削減&業務効率化

年に数回実施する農薬散布は農業の中でも重労働のひとつですが、限られた時間や人員の中で効率的に農業を行うために、外部委託にするのがおすすめです。
小回りのきくドローンなら飛び地や傾斜のある棚田などの複雑な圃場にも対応することが可能で、無人ヘリ散布よりもコストを抑えることができます。
さらにAI管理で散布量や高度を自動制御するので、近隣への飛散や吸い込みによる人体への影響の心配もありません。
ドローンなら効率のいい飛行経路や適正な農薬の散布量を記憶できるので、2回目以降の散布もスムーズです。
農家さんが面倒な作業に時間を取られることなく農業に専念できます。

01

最先端のパワフルな機体
短時間で楽々散布!

プロジェクトワンでは、最先端のドローンを使用して効率的に農薬散布を行っています。 

  1. 散布幅9mで広範囲に効率的に散布が可能
  2. 液剤なら30L、粒剤なら40kgを一度に積載できる
  3. 飛行騒音が小さいため近隣に迷惑がかからない
  4. 高度をAI管理するためドリフト(飛散)の心配なし
  5. 速度センサー付きで訂正量を散布するためムダがない
  6. 人の作業が困難な棚田や飛び地などの地形も対応
02

ドローン散布は機体購入よりも外部委託がおすすめ

ドローンの機体を購入すると、高額な初期費用やメンテナンスや燃料費などの維持管理費がかかります。 さらに操縦の練習やドローンを飛行させるための手続きに必要な書類作成・申請も一緒に承りますので、業務の効率化につながります。

初回散布は半額!
農薬散布代行料金1,300~2,50/10a

※圃場の形状などにより、価格は異なります。
※価格は税込みです。
※薬剤の料金は含みません。

ドローンを購入した場合
1台あたり
60~250万円+維持費
農薬散布代行

1haあたり
13,000円~+薬剤料金

代行が断然お得!

ドローンで実現できるスマート農業

日本は農業従事者の高齢化や人手不足が深刻な問題になっており、近年ではAIや情報通信技術(ICT)などを活用した「スマート農業」の導入が進んでいます。
プロジェクトワンは、ドローンなどのデジタル機器をを活用して「スマート農業」に挑戦しています。
ドローンで水稲の種まきをすることで低コスト化が期待できる直播実証、センサーで圃場の温度や湿度・生育状況や病害虫の発生などを可視化するほ場センシングサービス、ドローンによる空撮データからシカやイノシシなどの鳥獣被害対策などのお手伝いもいたします。
農薬散布はもちろん、スマート農業を導入して農業の効率化を図りたいと考えている農家の皆様はぜひご相談ください。

農作物の盗難防止や
害獣対策など、セキュリティ対策も
おまかせください!

プロジェクトワンにはセキュリティプランナー・警察幹部OBが在籍しています。さらに地元に密着した警備会社のグループならではのノウハウもありますので、経験豊富なプロによる効果的な監視カメラの設置や防犯グッズの取付アドバイス、防犯対策をご提案いたします。
盗難や害獣から大切な作物を守るため、お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

ご利用の流れ

お電話または
メールでお問合せ

現地調査・お打ち合わせ

現地調査・
お打ち合わせ

お見積り・ご契約

お見積り・ご契約

各種書類作成、申請代行

各種書類作成、
申請代行

作業当日農薬散布代行

作業当日
農薬散布代行
※作業中はお客様の
立ち合いが必要です

ドローン農薬散布代行を
ご検討中の方へ

株式会社プロジェクトワンでは、毎日を「安心・安全・快適」に過ごすための法人向けサービスをご提供いたします。
高齢化・人手不足問題や業務効率化で農家さんのお悩みにおこたえします。年間での散布契約や、農地のセキュリティ対策などもご相談ください。


対応エリア
青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県
※そのほかの地域もお気軽にご相談ください。